大腸疾患ついて

主な大腸疾患

大腸ポリープ(だいちょうぽりーぷ)

 大腸にいぼ状のものが生じたもので、茎があるものと無いものがある。大きくなるとガン化する可能性が高い。たいていのポリープは大腸ファイバースコープで取ることができる。

大腸ポリープス(だいちょうぽりーぷす)
   2個以上のポリープが発生したもの。

大腸ポリポーシス(だいちょうぽりぽーしす)
 多数のポリープがさらに大きくなってガンの状態に近くなったもの。

大腸腫瘍(だいちょうしゅよう)
 上記のポリープがさらに大きくなってガンの状態に近くなったもの。

大腸過敏症(だいちょうかびんしょう)
 大腸の痙攣が強く、そのため、腹痛を起こしたり便秘になったりする。便秘と下痢が交替に来ることも多い。便は細くなったりコロコロ兎糞状になったりする。粘液が多くなったり、ガスがたまったりする場合もある。食事の変化や精神的影響によって生じる。

大腸憩室症(だいちょうけいしつしょう)
 大腸の収縮が強まり、そのため弱い部分に袋が出来たもの。多発する場合が多い。盲腸〜上行結腸、S字状結腸に出来やすい。

症状としては大腸過敏症に似る。

潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)
 大腸の粘膜がびらんを生じたもの。粘血便、出血、排便頻回などの症状があり治り難い。難病に指定されている。

直腸炎(ちょくちょうえん)
 直腸の粘膜に炎症が生じたもの。潰瘍性大腸炎に比べると治りやすい。

クローン病(くろーんびょう)
 小腸あるいは大腸の粘膜に潰瘍を生じたり凹凸を生じたりする。また、壁が厚くなる。下痢、体重減少などが主症状である。痔、裂肛、スキンタグ等の肛門疾患に伴うことが多い。難病に指定されている。

アフタ性大腸炎(あふたせいだいちょうえん)
 最近の感染や薬物のアレルギーによって一時的に大腸に散在性のびらんを生じたもの。

排便障害(はいべんしょうがい)
 便が出にくい状態で、いろいろな原因から生じている。