大腸がん、直腸がんについて

 大腸がんとは結腸あるいは直腸にできた悪性腫瘍のことで、発生場所により呼び方が異なる。がんのできやすい場所(好発部位)は、直腸、S状結腸で全体の約70%以上を占める。大腸がんは欧米に多く、日本では結腸がんが増加している。欧米型の動物性行高脂肪食の摂取が原因であろうと考えられている。

進行状態による分類

早期大腸がん

 がんの腸管壁への浸潤(しんじゅん)が粘膜内あるいは粘膜下層にとどまるもの。表面の形状により、隆起型、表面型に分けられる。表面型はさらに表面隆起型、表面平坦型、表面陥凹(ひょうめんかんおう)型に細分される。 早期がんの多くは隆起型で、大腸ポリープのがん化がほとんどである。
進行大腸がん
 筋層以下にまで進んだもの。リンパ節や血管への転移の頻度が高くなる。

症状

直腸がん、左側結腸(下行結腸、S状結腸)がん
 初期症状としては血便、下血である。 がんが発育して腸管が詰まった状態(内腔狭窄)になると便通異常、腸閉塞症状による腹痛が出現するが、周囲にがんが浸潤するまで痛みはない
右側結腸(盲腸、上行結腸、横行結腸)がん
 初期症状は無症状のことが多い。 進行大腸がんになってはじめて、右下腹部にしこり(腫瘤)、下痢、黒色便、貧血などの症状がみられる。

治療及び予防上の注意

早期発見のための検査受診の重要性
 治療の主流は手術であるが早期のがんであれば成績は極めて良い。粘膜内にとどまる隆起型早期大腸がんは、内視鏡的摘除術によって、開腹せずに治療できる。

 従って、早期発見が大切であり、特に40歳以上の人は便潜血反応検査、注腸造影検査を積極的に受診することが望ましい。